日差しが強くなって、汗をかくことも増えてきました。

女性としては、日焼けも気をつけたいですが、

体からの臭いも気になるところです。

 

最近のコマーシャルでは、30代~40代男性の

おやじ臭?ミドル臭?とよばれる臭いケアの商品がたくさん紹介されてます。

 

このミドル臭は、50代からはじまる?加齢臭とは

そもそもの原因が違うそうで、

ミドル臭は、汗の酸化、

加齢臭は、脂の酸化、だそう。

 

男性だけでなく、『女性も同じ』ということに

気をつけていきたいですよね。

 

マスキングといって、臭いを匂いで隠す方法もありますが、

せっかくアロマを知っているのなら、

中和作用、解毒作用などを利用して、ケアしたいところです。

 

不快になる臭いは、『脇のした』ばかりではなく、

頭皮、首、耳の後ろ、顔、デコルテ、背中など、

上半身の汗腺から放たれます。

 

代謝がよく、健康な人は、

汗腺の働きが高く、水分の多い汗をかくため、酸化が少ないそう。

汗くさ~というやつですね。

 

逆に、ストレスがたまっている、アルコールをよく飲む、運動不足など、

代謝が悪くなっている人は、

汗腺の働きが悪く、水分とともにビタミン、ミネラルも一緒に放出されるため、

べたついた汗になりがちです。

そこに、空気中の細菌がつき、アンモニア臭などに変わると

不快な臭いになってしまうのだとか。

 

 

加齢臭は、閉経後や50代から増える脂が原因。

囁かれているのは、下水の臭い、カビの臭い、苔の臭いなど、

あまりいい言葉ではないぞ。

乾燥肌の人は、より多くの脂がでるため、臭いも強くなるそう。

 

口臭、体臭など、

『臭い』ってなかなか言いづらいですよね。

自分でも気になっているという人は、

この機会に、ケアを始めてみてはいかがでしょう。

 

アロマでは、

頭皮の臭いケアとして、

オイルでヘッドマッサージをお勧めしているんですね。

通常のシャンプーだけでは油や汚れが落としきるのは難しいようで、

頭皮から出る脂や汚れを、オイルで溶かし浮かしてくれるから、

シャンプー前に行うと、自宅でできるヘッドスパのように、

洗い上がりがスッキリさっぱりするから不思議です。

 

オメガ9でもあるアーモンドオイルを使えば、

浸透率がよく、表皮にうすく保湿してくれるので、

脂の出過ぎを抑えてくれます。

さらに、マッサージをすることで頭部の血流とリンパの流れを良くし、

精油の成分が昼間の脳の興奮を鎮めてくれます。

 

ボディケアとしては、

 

ホホバローションやホホバミストで、

顔や首すじ、デコルテなどのふき取りケアを。

抗菌しながら、よぶんな汗や油をふき取れば、

香水やコロンなどでマスキングするより、GOOD!

 

これからの季節、臭いを気にせずに快適に暮らしたいですもの。

試してみてください!