春は、本当に何を着ていいのか迷うくらい、

毎日の気候の変化が大きいですよね。

みなさん、朝、すっきりと起きられていますか?

 

季節の変わり目で体調管理が大変な時に、

春は、生活環境、生活リズムが変わるときでもありますので、

健康に気をつけていても、

ストレスは日々たまりやすいのが現実ですね。

 

・朝起きられない。

・起きても気分がすぐれない。

・疲れが残ってる気がする。

 

こんな不調を感じていたら、

睡眠がしっかりとれていないのかもしれません。

 

自覚のあるなしにかかわらず、疲れがたまり、

自律神経が乱れると、血の巡りが落ちます。

血の巡りが悪くなると、

気の巡りも悪くなり、

引きずられるように水の巡りも悪くなります。

巡りが悪いと、自律神経のバランスも悪くなるという

悪循環が起きやすいのです。

 

そうなると、寝ている間に自律神経がうまく働かず、

結果的に、大事な睡眠の質が悪くなってしまうのです。

 

大人だけでなく、お子さんであっても、

自律神経の乱れが原因の不調はありますよ。

 

そこで、新・アロマ習慣始めてみませんか?

朝起きたら、トイレに行って、顔を洗うように、

アロマの芳香浴をしましょう!

 

おすすめするのは、レモンとユーカリラジアタ。

ブレンドするのは大変!

というかたは、どちらか1つだけでもいいです。

 

レモンは、肝に働き、交感神経のスイッチを入れてくれ、

心を前向きに。

ユーカリラジアタは、肺に働き、呼吸を深くしてくれ、

どよーんとした脳をクリアにしてくれます。

 

我が家でも、4月に入り、朝の習慣に取り入れました。

なにげなく香っているだけですが、

気分がしゃんとしますよ!

 

気忙しさからストレスがたまり、

心に余裕がなく、

コミュニケーションがうまく取れない

なんてことがないように、

朝の一コマにぜひ、アロマ習慣取り入れてみてください。

 

溜まったストレスは、

自分であっても、家族であっても、

意外と気がつかないもの。

自分では、どうしようもなくなったら、

ストレスケア講座をどうぞ。

 

毎回、アロマの香りに包まれながら、

何かに集中することも、

脳のリフレッシュにいい影響を与えます。

 

約10年、漢方とアロマにかかわってきたからこそ、

わかる効果です。

本当に、続けてきてよかったと実感しています。