他の子より早く生理がはじまると閉経も早い?

 

結構、一般的にいわれていますよね。

私も、セミナーで質問をうけることがあります。

これ・・・・・・・・実は、医学的には関係ないのです。

 

日本婦人科学会では、

アメリカにおいても、

日本においても、

早く始まろうが、遅く始まろうが、

閉経は、ほぼ50歳前後という統計調査が出ておりました。

 

生理を早く始めるようにすることは、

医学的にもわかってきているそうですが、

閉経を延ばすことは、

今の医学をもってしても、できないそうです。

 

誰がいいだしたのか、

今や、迷信となってしまった言葉なんですけど、

・・・ホント、言う人多いです。(笑)

 

では、どうして早い人と遅い人がいるの?

これには、体型が関係していまして。

この体型、閉経後の健康にも関係してくるから、

女性ホルモンは面白くもあり、

女性の健康にとっても深く影響していると改めて実感します。

詳しくは、更年期ケア講座内で触れています。

 

早く始まるということは、

まだ幼い頃でしょうから、

精神的にも、肉体的にも、

シンドイことだと想像できますよね。

学校でもいろいろ制限が出てくるでしょうし。

 

女性ホルモンのしくみを学べば学ぶほど、

もっと早く、せめて20代に知っていたかった・・・。

そうすれば、全然意識が違って、

出産も苦しまなかったかもな~。

 

「早く始まるって、面倒なことばかり」

ではないんですよ。

早く始まるということは、

閉経までのエストロゲンの分泌が

長い期間になるということですので、

乳房や子宮へのよくない影響もあります。

 

どんな影響があるかは、更年期ケア講座で。