こんにちは!

サヴォンデディーゴの山田です。

 

梅雨時期から夏にかけては、
水分代謝と消化吸収を高める食材を取り入れるといいです。

気温がだんだんと高まるにつれ、
身体の陽気も同じように高まります。

陰陽五行五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中でも、
心が働く季節。

心は、循環器系や精神の働きを司っているので、
夏の不調は、心経に出やすいのです。

 

たとえば、身体の中に熱がこもったままだと、
動悸を起こしやすくなったり、
睡眠障害が起こりやすくなります。

それだけでなく、日本の夏は高温多湿。

湿は、脾(胃腸)をイジメます。

湿気は、ダイレクトに胃腸にきますので、
食欲不振や消化不良を起こしやすくなります。

 

そこで!

夏の薬膳として、
利水作用や苦みのある食材を取り入れるといいのです。

利水作用は、
身体の中に溜まりがちな余分な水分の排出を促してくれますし、
苦みのある食材は、
身体の中の熱を取り除いてくれます。

甘いものばかりとっていると、
水分代謝を阻害し、
さらにむくみやすくなりますので、ご注意を。

できたら、
塩辛などの塩辛いものと一緒にとるといいですよ。

そこで、先日ゴーヤチャンプルを作ってみました。

豆腐

ゴーヤは、身体の熱を冷ましてくれる他、解毒作用もあって、
胃の働きを活発にしてくれるので、夏バテの予防にもなります。

ゴーヤの下処理は大事ですよね。
苦いのがいいと言ったって、限度がありますし・・・。(笑)

 

 

ゴーヤ

豆腐は、体の余分な熱を取りのぞき、
潤いの働きがあるので、咳や便通も整えてくれます。

木綿豆腐の水切りもしっかりやらないと。

 

 

あとは、調味料と溶き卵で炒め合わせるだけ。簡単!

 

本格的でなくても、
ちょっとの知識で健康を保てるなら、
取り入れていきたいものですよね。

みなさんも、今年はチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

 

苦み食材》ゴーヤ、ミョウガ、ラッキョウなど

清熱食材》はとむぎ、緑豆、ナンバン毛、トマト、キュウリ、ゴーヤなど

利水食材》なつめ、ゴーヤ、うなぎ、玄米、牛乳など