今月に入って、お客様のSさんが
いくつものアロマセットを購入されていかれました。

不思議に思っていたら、
”ご友人にプレゼントしたいから”
とのこと。

たくさんのプレゼント商品があるのに、
当店のアロマを選んでくれたには
訳があったのです。

 

Sさん自身、子どものころから喘息を持ち、
疲れると高熱と喘息の発作がでて、ダウン。

呼吸ができず、息苦しさを抱え、
病院に行っては、点滴と大量の薬を飲むしかない
日々を送っていました。

一生このままで終わってしまうのかな…。

と漠然と思い、自分の病弱さを受け入れながらも
どうにかならないか悩んでいたそうです。

そんな時に私と出会い、半ば勢いに押され(笑)
アロマケアをスタート。

初回のケアで、身体の冷えを指摘すると、
Sさんいわく
”私は暑がりで汗をかくので、冷えてるなんで考えもしませんでした”
とのこと。

代謝がよくて汗をかくのではなく、
気虚といって、体力がないから気の固摂作用が働いていないこと。

暑がりではなくて、陰虚といって、
ストレスによる肝血虚からくるほてりであること。

それに伴う症状をあげていくと、
ご納得いただけたようでした。

急きょ、目標を補陰に変更し、
体質改善も始めてみませんか?と
漢方薬局薬日本堂の店長と連携をとり、
漢方薬生活もスタート。

私も、一緒に取り組もうと
寝る間を惜しんで、調べたり、
自分でやってみたり。

毎月のケアと漢方薬を続けられ、
少しづつ体調不良のオンパレードだった当時から
周りからびっくりされるような
健康を取り戻されて行きました。

今では、病院にいかないことが普通になり、
たまに風邪ひきで行くと、
ドクターから元気になったな~と驚かれるそうです。

 

疑心暗鬼で始めたケア。
アロマは癒されるけど、そんな効果なんてホントにあるの?

今の症状を、漢方でとらえ、丁寧に伝えながら、
食事、睡眠、運動、アロマ
どれかひとつでいいから、続けてみてくださいね。
とアドバイス。

意識が変わり、前向きに取り組むことで、
身体に変化が出てきたのです。

ときには、なかなか変化のない時も。
そんな時は、焦らずいきましょうと、
Sさんのペースに合わせて。

本当に、心と身体は表裏の関係。
心の状態が、内臓の働きとして出てきますよね。

”病院の薬で、副作用もたくさん知っているから
できるだけ自分の自然治癒力を高めたい。”

きっと、その想いに身体が応えてくれたのだろうと思います。

 

そんなSさんだからこそ、
頭痛薬ばかり飲んでいる友人も心配。

うつっぽいお嬢さんをもつ友人も心配。

眠れないといっていた友人も心配。

 

”ここのアロマで、元気になって欲しいから”

本当に、私も一緒に頑張ってきてよかったと思いました。