40代も後半になってくると、
強まってくる女子力ならぬ『おば・力』。

体力がなくなってくるので、
頭で考えている分、脳は疲れているんだけど、
動いていないから、身体はそんなに疲れていない。
しいて言うなら、体が重い…。

それって、太ったってこと?(涙)

40代になると、女性ホルモンの影響で代謝が落ちます。
私の場合、もともと気虚体質なので、
気血の生成が追い付かず、むくみやすくなるため
身体が重く感じる、疲れやすいなどの症状が
天気によって、出ることがあります。

完全な痰湿傾向にあるわ~。

そうなってくると、動くのが億劫になったり、
いろいろ細かいことを考えているのが面倒くさい・・・
と思うことが増えてきたりして。

最近、危険信号が点滅しっぱなし。

 

漢方では、5月は『心』の季節。

精神的に不安定になったり、
不眠が増えたり、
なんとなく落ちつかない日があったり…。
循環器系のトラブルも起きやすいので、
血行不良が起きやすく、頭熱足寒ではないですか?

春先の疲れもあって、
心にも、身体にも、
余裕がなくなってしまっている人も出てくるころ。

一番多いのが『やる気が出ない』
これ別名5月病ともいう…。

ありがたくも、私にはどれもないからよかった。

ちょっとここらで真剣に女子力あげとかなくちゃ。
取り戻せなくなっちゃう。

 

『イランイランで女子力あげたい!』

mini2_d459a261e099172f5de6e48f5c0ef683イランイランは、
『心』の経絡に入っていくアロマです。
6m~10mほどの常緑高木で、タガログ語が由来で「花の中の花」という意味と、花がちょっとした風でも揺れ動くため「ぶら下がっている」という意味をもちます。

 

 

シャネルなどの香水の原料に使われ、昔から、結婚式など幸せな場面で使用されることが多い精油でもあります。

更年期の女性におススメの精油のひとつです。
不平不満が口をついて出てくる、不安が強い、
おしゃれに無頓着になってしまっている時など、
なんとなく日常がつまらなく感じてしまっているようなときに
使ってみてください。

イランイランを使って、美意識を取り戻し、
日常的なストレスを忘れられたという女性も多くます。

イランイランエキストライランイランは、1滴で十分強い香りを放ちます。
嗅ぎ過ぎると頭痛を起こすこともあるため、
シングルでは使いずらい精油のひとつでもあると思います。

香水をつける習慣のない人でも、
イランイランの練り香を手首や耳元につければ、
優しく私たちをサポートしてくれると思います。

今度練り香づくりしたいな~。

 

フットケア私は、ボディオイルにしてフットケアに使っています。
足には、三陰交という女性にとてもいいツボがあるんですよ~。
夏までにどれだけ女子力あがっているでしょう。
楽しみですわ!